スリープ歯科 公式ホームページ

スリープ歯科

スタッフブログstaff-blog

トップページ > スタッフブログ > 歯のしみる原因は・・・

歯のしみる原因は・・・

こんにちは(*^▽^*)

今日の担当は歯科衛生士の佐伯です!!

 

最近当院では、歯がしみる・・とおっしゃる患者様が多いようです!

皆さんも歯がしみる経験が一度はあるのではないでしょうか 8-O

 

今回は歯がしみる原因について書いてみようと思います!!

 

1.知覚過敏

知覚過敏(象牙質知覚過敏)は歯茎が下がり、歯の神経に近い歯の根元が出ることによって、歯の神経が過敏に反応することです。

2.虫歯

虫歯で歯が溶かされ神経に近くなってくると、歯がしみてきます。虫歯菌が神経の細い管を通って、太い管まで入り込むと神経が敏感となり、冷たいものや熱いもの、甘いものにもしみることがあります。

3.歯ぎしり

歯ぎしりや歯のくいしばりが強い方は歯の表面が削れたり、歯の根元が削れて歯がしみることがあります。

4.歯の亀裂

歯が割れ、亀裂が神経まで広がっていると歯のしみがいつまでも続きます。歯の神経が残っている歯に歯ぎしりや食いしばり、硬いものを噛んでしまった時に歯が割れて、亀裂が神経まで達することがあります。

5.中心結節の破折

中心結節とは主に小臼歯の歯の真ん中にできる歯の出べそのような出っ張りです。中心結節の中には神経の管があり、折れてしまうと細菌が入り、しみや痛みが出ることがあります。

6.外傷後の神経ダメージ

前歯をぶつけた後に歯のしみを感じることがあります。外傷によって歯の根に強い力が加わり、歯の神経にダメージが加わると、歯の神経が炎症を起こしたり、一部が死んでしますことがあります。

7.歯の神経の取り残し

歯の神経を取ったはずなのに歯がしみる場合があります。歯の根の形は複雑で歯の神経をすべて取ったつもりが取り残してしまう場合があります。取り残した神経は自然に閉鎖されることが多いのですが、一部の神経が残り、治療後にもしみが続いてしまう場合があります。

8.歯の治療後の刺激

神経のある歯の治療を行うと治療後に歯のしみが続くことがあります。歯の治療を行うと一時的に歯にダメージを与えます。そのため歯の神経が回復するまでに時間がかかり、歯のしみが続いてしまうことがあります。

9.深い虫歯の治療後

虫歯が深い時でも歯の神経が再生できる可能性があれば、できるだけ残します。しかし、その後痛みやしみが続いてしまう場合もあります。

10.歯周病の進行

歯周病によって歯の周りの骨が溶け、歯茎が下がってくると、歯が強くしみるようになります。歯周病が進行すると歯の根の先から歯周病菌が入り込み、歯の神経が死んでしまうことがあります。

 

調べてみるとこんなに多くの原因がありました!!

しみるからと言って全部が知覚過敏というわけではないのですね :-?

 

皆さんも歯がしみる際は当院のドクターやスタッフにお気軽にご相談してくださいね(*^_^*)

 

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休

スリープ歯科

スリープ歯科 福島院
〒960-8102 福島県福島市北町4-5(地図)

024-572-6381受付時間 9:00~18:00
土・日・祝日も対応(休診日:木曜日)

スリープ歯科 仙台院(平成30年6月2日開院)
〒981-1107 宮城県仙台市太白区東中田2丁目4-54(地図)

022-398-3246(休診日:木曜日・祝日)